はじめまして。とうとう順番が回ってきました。ばばちゃんです。お見知りおきを・・・

Windows+Homestead+VSCode+Laravelというテーマで書く予定でいたのですが、はた!と気が付けば、Laravelのバージョン上がったんでない!!??ということで、とりあえず今回は、ヨタ話でお茶を濁しましょうか。

ループ線というのをご存知ですか?高速道路の入り口などで道がぐるっとループになっているあれです。ループ線は、道路だけではなく、鉄道にもあるのです。(鉄道の話題ですが、私は『鉄ちゃん』ではありません。

今をさかのぼること、ン十年前、小学生だった私は、社会の授業が大嫌いでした。なので、社会の授業は退屈でした。で、まじめな生徒ではない私は、社会の授業時間を副読本の地図を眺めて過ごすというなんとも困ったちゃんでした。
地図を眺めるのが好きなので、地図を眺めて過ごしていたのか、そんな風に過ごしていたから、地図を眺めるのが好きになったのか、鶏が先か卵が先か、私はいまも地図をぼーっと眺めているのが好きだったりします。

地図を眺めているといろいろ面白いことに気が付きます。
福井と岐阜(美濃)の間に越美北線と越美南線という鉄道が走っていました。小学生の副読本の地図の縮尺では、もうホンの数ミリでつながりそうな線路で、なんでもうちょっとぐらい頑張ってつなががらんのかなとか、
点線で書かれた計画道路を延長していくと、ドン詰まりの道があったり、点線で書かれた計画道路を延長していくと、海に落っこちちゃったり・・・
ちなみに、越美北線と越美南線は、それぞれ3セクとなって名前が変わり、少し離れてしまったようです。
海に落っこちそうな道は、現在海の上を走る高速道路になっています(海の上というか海にはみ出して走っているというか)。

で、ある日敦賀のあたりで線路がぐるっと輪になっているのを発見したのです。Wow!!
ほとんどがトンネルの中で、暗闇でコーヒーカップに乗っているような状態を勝手に想像していたのです。たのしそーーー!!

そんなことも、すっかり忘れて大人になって、社会人になった私は、以前勤めていた会社で関西方面へちょくちょく出張するようになりました。最初のころは、上司や、元請けの方と一緒に行くことが多かったのですが、そのうち、私一人で行くようになったのです。

で、一人で大阪方面に向かって走っていると、敦賀あたりで、『なんか変』と感じるようになりました。何が変なのかわからないのだけれど、『なんか変』な感じを抱きつつ、何度か行き来していたある日、見つけちゃったのです。
トンネルとトンネルの間、ほんの数秒の間に、見えるはずのない海が見えたのです。
大阪方面に向かって左側に座ると、琵琶湖を眺めていくことができます。
当然琵琶湖に出るまでは、山を眺めていくことにになります。なのに、その数秒だけ、なぜか海が見えるのです。

思わず、すっかり忘れかけていた、小学校時代の眺めていた地図がくっきり思い出されて、思わず、大阪駅で本屋を探し出し、地図を探してしまいました。

ありました!!ループ線!!

敦賀を出て、山に向かって進み、鳩原というところで、第二衣掛トンネルに入り、トンネルはぐるっとループし、大体半分(180度)くらい走ったところで、いったんトンネルから抜けます。
その時、進行方向が逆になるため、左の車窓から遠くに敦賀湾が見えます。と思ったらすぐに第一衣掛トンネルに入り、抜けたときには、進行方向も元に戻り、今度は、下り(っていうか湖西線ってどっちが上りでどっちが下りだ?今言いたいのは、大阪方面から金沢方面に向かうやつ)の線路がなぜか左に見えて、また頭に??となり、トンネルを2つ抜けるといつの間にかちゃんとまた戻っているという摩訶不思議な体験ができます。

興味のある方は、下記の地図をごらんあれ!!
http://maps.gsi.go.jp/#15/35.613942/136.079085/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

注:私はてっちゃんではありませんし、湖西線もしばらくご無沙汰しております。
間違いがあるかもしれませんが、ご了承くださいませ。